bmr

bmr>NEWS>リル・キムの‘宣戦布告’に対して、ビギーの母、元妻がコメント。

NEWS

リル・キムの‘宣戦布告’に対して、ビギーの母、元妻がコメント。

まもなく全米公開を迎える伝説的ラッパーノトーリアス・B.I.G.(Notorious B.I.G.)の伝記映画"Notorious"について、かつて愛人だったラッパー、リル・キム(Lil’ Kim)が不満を口にしたことに対して、槍玉に挙がった2人が相次いでコメントした。

リル・キムは映画での自分の描かれ方に不満のようで、映画制作を許可したB.I.G.の母親、ヴォレッタ・ウォレス夫人(Mrs. Voletta Wallace)と、妻だったシンガーのフェイス・エヴァンス(Faith Evans)を非難。これに対し、ウォレス夫人は「映画の中で、息子の、私が以前は受け入れられなかった側面を見せられました。腹立たしかったし、失望したし、衝撃を受けました。だからこそ、この映画は私に寛容の心を教えてくれたんです」とコメント。リル・キムとも話し合いたいという意向を明らかにした。

一方、フェイスは「私は4人の子供を抱える母親だから、こういう話につきあってる時間はないの。ただ悲しいわね。私が脚本を書いたわけでもないし」と意に介していない様子。またリル・キム自身が映画内の描写を気にするのであれば意見する「機会はあったはず」とも語っている。