bmr

bmr>NEWS>映画”Notorious”、限定公開にも関わらずヒット。

NEWS

映画”Notorious”、限定公開にも関わらずヒット。

1997年に亡くなったラッパー、ノトーリアス・B.I.G.(Notorious B.I.G.)の伝記映画"Notorious"が16日に公開されたが、この最初の週末に映画館数の少ない限定公開にも関わらずかなりのヒットを記録した模様。

アメリカの1638カ所の映画館で公開されたこの映画、全米公開ではないにも関わらず、ボックスオフィスの4位に入る2,150万ドルの売り上げを3日間で記録。映画館1カ所あたりの売り上げでは1位をとなるなど、当初の予想を超えるヒットぶりだという。

この映画の配給元であるFox Seachlightの重役は「アフリカンアメリカンのマーケットだけではこの数字は出てこない。我々は‘クロスオーバー’に成功した」 とコメント。

一方、リル・キム(Lil’ Kim)と並んでノトーリアス・B.I.G.の愛人だったことが知られている女性ラッパー、チャーリー・バルティモア(Charlie Baltimore)はVladTVの取材に対し、「B.I.G.と私が遭った交通事故が過小評価されていることだけは気になる」と映画の内容についてコメント。「(B.I.G.のセカンドアルバム)"Life After Death"は最初2枚組になる予定じゃなかった。でもあの事故で3ヶ月入院することになって、回復に専念するほかに仕事する以外やることがなかった」と説明したほか、「あの事故で彼は(医師から)『もう歩けなくなる』と言われた。(中略)彼が成長する上で、あの事故はとても大きな意味があったと私には思える」と語っている。