bmr

bmr>NEWS>アンドレ3000のブランド、GQ誌には高く評価される?

NEWS

アンドレ3000のブランド、GQ誌には高く評価される?

昨年こだわり抜いて立ち上げたアパレルブランドBenjamin Bixbyのセールス面での苦戦が報じられたばかりのアウトキャスト(Outkast)のアンドレ3000(Andre 3000)だが、メンズファッション誌GQによる米国内の最優秀新人デザイナーの1人に選ばれた。

GQ誌によると、選出の基準は「米国の多様性を象徴する幅広い視野を持ったデザイナー」とのことで、他にはNYブランドのセーブ・カーキ(Save Khaki)、ロバート・ゲラー(Robert Geller)、イーガル・アズローエル(Yigal Azrouel)、フロリダ発のレディースブランド、シプリー&ハルモス(Shipley & Halmos)、東海岸ニューイングランド地方で生まれのログス・ギャラリー(Rogues Gallery)の5ブランドが選ばれており、ファッションが専門ではないアンドレ3000が選ばれたのは異例のことのようだ。

アンドレ3000はGQ誌に「2000年頃はアウトキャストの音楽同様、世間はオレを火星人でも見るような目でみていた。オレのキャラクターも音楽にあわせてぶっ飛んでいたからね。当時の精神を一般の人々でも着ることができる日常着に取り入れたかったのさ」とコメントを寄せている。(t)