bmr

bmr>NEWS>[クリプス新作に大御所リック・ルービンの参加が明らかに。]

NEWS

[クリプス新作に大御所リック・ルービンの参加が明らかに。]

2007年10月に、デビュー時から完全バックアップを受けていたネプチューンズ(the Neptunes)の元を離れ、Columbia Recordsとの契約を発表していたモリース(Malice)とプシャ・T(Pusha T)の兄弟デュオ、クリプス(the Clipse)。秋前のリリースを見込んで制作中の彼らのサードアルバム"Till the Casket Drops"に、現在、同レーベルの重役であり、ヒップホップのみならず、あらゆるジャンルのアーティストを成功に導いた音楽業界を代表する超大物プロデューサーでもあるリック・ルービン(Rick Rubin)が参加していることが話題を呼んでいる。

Entertainment Weeklyが報じたもので、すでに1曲は完成させているリック・ルービンクリプスは、ここ数週間のうちもう何曲かレコーディング予定とのこと。配給元となるレーベルは未定のようだが、3月9日にはDJカリル(DJ Khalil)が手がけ、カニエ・ウェスト(Kanye West)をゲストに迎えた"Kinda Like a Big Deal"がファーストシングルとしてリリース予定となっている。またプロデューサー陣にはネプチューンズも含まれているほか、アートワークは人気アーティストのカウズ(KAWS)が手がけるとのこと。(t)