bmr

bmr>NEWS>マスパイクのロッディ・ロッド、ソロ作が再リリースへ。

NEWS

マスパイクのロッディ・ロッド、ソロ作が再リリースへ。

NYアンダーグラウンドのプロデューサー、ロッディ・ロッド(Roddy Rod)によるプロジェクト、キューバ・アフター・マーケット(Cuba After Market)が、2007年のアルバムに新曲を追加して再リリースされることになった。

ロッディ・ロッドはNYのヒップホップグループ、マスパイク(Maspyke)やロー・バジェット・クルー(Lo Budget Crew)のプロデューサーで、2007年にキューバ・アフター・マーケット名義のアルバムを発表。これはキューバの首都、ハバナにイメージを借りたテンポの速いインストゥルメンタル中心の作品だった。今回、これに新曲5曲を追加、リトル・ブラザー(Little Brother)のフォンテ(Phonte)らがゲストとして参加したバージョンの再リリースが決定したとのこと。正確な発売日は未定だが、「今春」中の予定しているという。