bmr

bmr>NEWS>[マイケル・ジャクソンのロンドン公演に差止要求?]

NEWS

[マイケル・ジャクソンのロンドン公演に差止要求?]

発表当初から想像をはるかに超える反響を受け、チケット売上がすでに80億円を超えているというマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)のロンドンO2アリーナでの連続公演だが、開催中止を求める訴訟が起こっていることが明らかになった。

ニュージャージー州に拠点を置くイベント会社 AllGood Entertainmentがマイケルのマネージャーとロンドン公演の興業主AEG Liveを訴えたもので、同社は2010年7月3日にマイケルとジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)を含むジャクソン・ファミリーの一夜限りの再結成ライブを企画、それに伴いマイケル側と来年7月まで一切パフォーマンスを行わないという契約を結んでいたという。対するAEG Liveは、この件について「無意味な訴訟だ。我々は正当な契約を交わしている。ロンドン公演は必ず開催する」などと取り合わない構えを見せている。

余談だが、約1週間前にもマイケル・ジャクソンは、2003年から2006年まで公私にわたるマネージメントを統括していた広報担当女性から、未払い報酬として約44億円の賠償を求める訴訟を起こされるなど、相変わらずトラブルが絶えないようだ。(t)