bmr

bmr>NEWS>ドレイク、ミュージックビデオの内容について謝罪。

NEWS

ドレイク、ミュージックビデオの内容について謝罪。

大人気ラッパー、リル・ウェイン(Lil Wayne)との米国内ツアー中にヒザの故障により倒れ、一度は復帰したもののそのままツアーメンバーから外れているドレイク (Drake)。カニエ・ウェスト(Kanye West)が監督した"Best I Ever Had"のPVについて、謝罪のコメントを出した。

オフィシャルリリース前から、特に女性ファンを獲得していたヒットシングル"Best I Ever Had"だが、この曲のビデオでドレイクは女子バスケ部の監督に扮し、豊満な女性「部員」たちを叱咤激励する役どころを演じている。ところが映像的には「部員」たちの性的な表現が強く、肝心の女性ファンに反感を買っていた。

ドレイクは、ペンシルバニア公演のバックステージでインタビューに答え「ジョークを効かせたつもりだったんだ、スタジオで作業中に、自分自身や皆を笑わせるものを作ろうという雰囲気になった。でも、このPVを見て気を悪くした方々には、謝罪したいと思っている」とコメントしている。(n)