bmr

bmr>NEWS>ジュース・クルーの映画制作、資金難か。

NEWS

ジュース・クルーの映画制作、資金難か。

ヒップホップ史上に残る大傑作を数多く残したアーティスト集団、ジュース・クルー(Juice Crew)。その足跡を取り上げた映画"Vapors"の制作が暗礁に乗り上げているようだ。

最重要プロデューサーのマーリー・マール(Marley Marl)を筆頭に、ビッグ・ダディ・ケイン(Big Daddy Kane)、クール・G・ラップ&DJポロ(Kool G Rap & DJ Polo)、ビズ・マーキー(Biz Markie)など、トップアーティストがそろったこのジュース・クルー。その活動をストーリー仕立てにして映画化しようというこの企画は2006年にスタートした。ところが現在も資金を提供しようというスポンサーや映画会社は現れておらず、実現のメドが立っていない模様。女性ラッパーのロクサーヌ・シャンテ(Roxanne Shante)役にキャスティングされた女優キキ・パーマー(Keke Palmer)はMTVに「まだ十分お金を集められていないみたい。でもみんなに私がラッパーになるのを見てもらいたいわ」と語っている。

ヒップホップアーティストを題材とした映画は、大ヒットしたエミネム(Eminem)の『8マイル』をはじめ、今年もノトーリアス・B.I.G.(Notorious B.I.G.)の生涯を追った"Notorious"が公開、ヒットを記録している。