bmr

bmr>NEWS>問題児ラッパーDMX、総合格闘技に参戦?!

NEWS

問題児ラッパーDMX、総合格闘技に参戦?!

ここ数年の間に動物虐待や薬物不法所持、窃盗などの罪により今年1月から服役し、5月に出所。6月にようやく保護観察処分に落ち着き、音楽活動も再開しているラッパーDMXが、数々の乱闘騒ぎを起こした経験を生かし?経験総合格闘技の舞台に登場することが明らかになった。

DMXが参戦するのは12月12日、アラバマ州バーミンガムで開催される米国随一の人気を誇るUltimate Fighting Championship(UFC)の『アラバマのプライド』と呼ばれる試合で、プロ格闘家Tank Abbott 対Butterbean戦の前座となる模様。また対戦相手には、自身もアーティスト活動を行うかたわらイベント会社、レーベルを運営するエリック・マルチネス(Eric Martinez)で、彼はなんとDMXのマネージメントチームの一員でもあるそうだ。

薬物使用の罪にも問われたDMXだが、現在どのようなトレーニングを行っているかは不明で、試合前の健康チェックも実施されないという。ただし関係者は「毎日ジムに通い、食生活にも気をつけているから、体形も整いコンディションは上々だ。ファンにDMXの健在ぶりをアピールする絶好の機会」とコメントしている模様。

関連して、DMXや人気プロデューサーのスウィズ・ビーツによる一派、ラフ・ライダーズ(Ruff Ryders)の再結成に伴いDMX自身も既に数曲レコーディングを済ませたとのこと。またメンバーのジェイダキス(Jadakiss)による最新ヒット"Who’s Real"のリミックスには、ラフ・ライダーズの面々が結集している。(t)