bmr

bmr>NEWS>グラミー賞候補シンガー、プレジャー・Pに児童わいせつ容疑のスキャンダル

NEWS

グラミー賞候補シンガー、プレジャー・Pに児童わいせつ容疑のスキャンダル

来年開催される第52回グラミー賞で3部門でノミネートされているR&Bシンガーのプレジャー・P(Pleasure P)に、児童わいせつスキャンダルが持ち上がっている。

これは先月末に、ローラ・ゴールドスタインという女性がTwitter上で告発したもの。この女性の父親は弁護士をしており、2006年にプレジャー・Pが児童わいせつ容疑で訴えられたこと、この女性の父親が弁護を担当したものの、その弁護料がまだ支払われていないばかりか、脅迫を受けていると述べ、当時の裁判記録の写真を公開したのだ。

問題の児童わいせつの事件だが、この女性の説明によれば、4歳の女の子が被害に遭っており、警察が駆けつけた時にはプレジャー・Pが別の女の子に手を出すところだっという。また、プレジャー・Pはこの事件について、弁護士の家族だけでなく、当時彼が在籍していたグループのプリティ・リッキー(Pretty Ricky)のメンバーにも口外しないよう約束させたとか。プレジャー・Pは、プリティ・リッキーを離れてソロ活動を行っているが、この告発をした女性によれば、グループを辞めるきっかけとなったのがこの児童わいせつ事件であり、事件が口外されなかったためソロ・アーティストとして契約ができたのだとも説明している。

これに対しプレジャー・Pは、この噂は100%でたらめで、当時の裁判記録とされるものもでっちあげであること、彼はゴールドスタインという姓の人間に弁護を頼んだこともなければ知り合いにもいない、と完全に否定した。しかし、プリティ・リッキー側は、「残念ながらプレジャー・Pの弁護士の要請により、この件について話すことはできない」としながらも、「我々が彼をグループから追い出したのだということは知っておいてほしい。彼は自分の意志でグループを去ったわけではない」というコメントを発表している。

またTwitter上では、プリティ・リッキーのメンバーのひとりが「誰がそんなこと言ってるんだ?! これは秘密の話なのに!」とツイートしていたことが判明しており、プリティ・リッキー側が事実上、この騒動が事実であると認めたでのはないか、とも見られている。さらに一部報道では、プレジャー・Pが自分の姪にもわいせつ行為を行い、2004年に訴えられたことがあるという話も。もっとも、実際に裁判が起こっていれば記録として残っているはずで、プレジャー・Pが完全否定をしていることから、プリティ・リッキーを脱退したプレジャー・Pのソロ活動を妨害するための工作ではないか、との推測もある。

現在ソロ・シンガーとして活躍中のプレジャー・Pは今年、ソロ・デビュー作『The Introduction Of Marcus Cooper』(邦題『マーカス・クーパーの告白』)を発表。来年開催される第52回グラミー賞では最優秀R&B楽曲賞、最優秀コンテンポラリー・R&Bアルバム賞、最優秀R&B・ヴォーカル・パフォーマンス賞の3部門でノミネートされていることが先日発表された。(s)