bmr

bmr>NEWS>ケリス、今度は離婚の早期成立を要求

NEWS

ケリス、今度は離婚の早期成立を要求

0000008481_image

先ごろヒップホップスターのナズ(Nas)との離婚調停に際し、金銭面で泥沼化しつつあったなかでかなり有利な判決を得たケリス(Kelis)が、今度は「できるだけ早い離婚成立」を裁判所に求めているという。

ゴシップサイトTMZ.comによると、ケリスは「私たち双方の最大の懸念は、できるだけ早く婚姻関係を解消することです」との書面を裁判所に提出、終了するまでに数年かかることもあるという法的な諸手続きをすべて後回しにしてでも’完全離婚’を要求しているとのこと。さらに「今後ナズと復縁する可能性はない」とキッパリ、決意は相当強い模様。一方のナズも「今やりたいことは音楽を作ることと子供たちを育てることだけだ」と語るなどケリスとの関係は清算済みの様子。

関連して、日本では5月17日発売予定の新作"Flesh Tone"から"4th of July"と"22nd Century"の2曲をシングルカットしたばかりのケリス。最近のレディ・ガガ(Lady Gaga)ばりの超個性的かつ豪華なステージ衣装には、「ナズからの慰謝料の大半をつぎ込んでいる」との揶揄も飛んでいるとか。ちなみに新作のアートワークでは、SFやエジプト神話を思わせる衣装を身につけた姿でポーズをとっている。(t)