bmr

bmr>NEWS>元G-ユニットのオリヴィア、ドレイクとモメる?

NEWS

元G-ユニットのオリヴィア、ドレイクとモメる?

0000008518_image

2004年、50セント(50 Cent)のヒット曲"Candy Shop"にフィーチャーされ、さらにG-ユニット(G-Unit)初の女性メンバーとなったR&Bシンガー、オリヴィア(Olivia)。結局はセカンド・アルバムのリリースも頓挫、G-ユニットからも離脱しているが、先月末に公式サイトで発表したミックステープアルバム"Under the Radar"では、かつてのボス、50セント(50 Cent)や現在もっとも注目度の高いラッパーのひとり、ドレイク(Drake)と共演。これが意外な形で話題を呼んでいる。

この作品からドレイクをフィーチャーした楽曲"Control"がリークされたところ、ドレイク側から「正規リリースでない楽曲に名前が使われるのは不本意で、オリヴィアと共演した事実はない」とコメントが出された。オリヴィアは即座に「決して嘘はついていない。プロデューサー陣が持ちかけてきた話でドレイクと直接話したことはないが、ミックステープにしか収録しないことは明白なこと。私たちも戸惑っている。ドレイクの承認を得る前にネット上にリークされたことは残念だけどインターネット時代の功罪ととらえている」と弁明している。一方、50セントも数ヶ月前には「女性ラッパーはヘアメイクや衣装に金がかかり過ぎる」などと暗にオリヴィアを非難していた矢先の共演となっている。

また、昨年から制作が伝えられているニューアルバム"Show The World"については「ほとんど完成しているけどギリギリまで作業するつもりよ。かなりセクシーな内容で恋愛や失恋の曲もあるわ。実体験をもとに作った曲ばかりのパーソナルな内容よ」などと語り、ゲストとしてミッシー・エリオット(Missy Elliot)、ニーヨ(Ne-Yo)、ブライアン・コックス(Brian Cox)らの参加を明言するなど、順調制作が進められている模様。同作からはすでに先行シングル"Take It Off"が発表されている。(t)