bmr

bmr>NEWS>リル・キムがジェイ・Zのレーベルと契約へ

NEWS

リル・キムがジェイ・Zのレーベルと契約へ

0000008608_image

元祖‘エロカッコイイ’路線のハードコア女性ラッパー、リル・キム(Lil’ Kim)が、大御所ジェイ・Z(Jay-Z)のレーベルRoc Nationと契約した。

リル・キムのRoc Nation入りは兼ねてから噂されていたが、23日、Roc Nation関係者が事実関係を認め、ついに正式に決定したとperez hiltonなど有力ゴシップサイトが報じている。現在のところニューアルバムのリリース日などは決まっていないが、ジェイ・Zがエグゼクティブ・プロデューサーとして新作に関与するのではないかとの観測も出ている。

リル・キムは、143cmの小柄な体格ながら90年代を代表するラッパー、ノトーリアス・B.I.G.(Notorious B.I.G.)の後押しを受けつつ筋金入りの下世話なストリート・スタイルを貫いてきたアーティスト。ひたすらセクシャルで扇情的な歌詞と露出度の高いファッションで人気を集め、2002年にはグラミー賞も受賞している。

昨年の7月には、久しぶりとなる新曲"Download"を発表、またエイコン(Akon)のプロデューサー、ノエル・フィッシャー(Noel "Detail" Fisher)と楽曲を制作していることを明らかにし、「数ヶ月後には発売できるわ」と新作発売をほのめかしていたが、その後、新たな情報は伝えられることもなく、結局、2005年以降アルバムを発表していない。(g)
(photo by Jonas Nordstrom)