bmr

bmr>NEWS>新メンバーでプッシーキャット・ドールズ再始動?

NEWS

新メンバーでプッシーキャット・ドールズ再始動?

0000008614_image

メンバーが続々と脱退を表明し、解散したと言われていた女性パフォーマンス集団、プッシーキャット・ドールズ(Pussycat Dolls)が、なんと新メンバーで再始動していたことが分かった。

プッシーキャット・ドールズは全世界で1,000万枚以上のセールスを記録する人気グループで、2005年に世界的ヒットとなったデビュー作"PCD"を発表した際は6人組だったものの脱退劇が相次ぎ、今年3月にはその1ヵ月前に脱退したメンバーのキンバリー・ワイアット(Kimberly Wyatt)が「ドールズは解散した」と話していた。

しかし今月21日にLAで行われたプライベート・イベントにプッシーキャット・ドールズが出演。リードシンガーのニコール(Nicole Scherzinger)以外は全員が新しいメンバーに変わっており、5人体制で登場したという。新しいメンバーはそれぞれ、グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)率いるハラジュク・ガールズ(Harajuku Girls)のメンバーでもある日系人ダンサーのリノ・ナカソネ(Rino Nakasone)を始め、ケリントン・ペイン(Kherrington Payne)、ヴァネッサ・カリー(Vanessa Curry)、ジェイムス・リー・ルイズ(James Lee Ruiz)の4人。今後、プッシーキャット・ドールズがこの形で活動を進めていくかどうかなど、公式発表はされてない。

一方でニコールは、かつて企画していたものの頓挫していたソロアルバムの制作も再び進めている模様。当初予定していた"Her Name Is Nicole"は楽曲のリークなどが続いたこともあり、新たに作り直しているという。「いま制作中のアルバムはいままでよりもうちょっとロックで、ファンクで、ソウルな感じ。でも基本的にはポップスで、楽しめる音楽よ」とニコールは話している。また、「元気になる曲」と話すニューシングル"Nobody Can Change Me"がすでにラジオなどでオンエアされている。ニコールは人気ダンス番組"Dancing With The Stars"で勝ち進んでおり、まもなく決勝戦が行われるが、一部ではここで"Nobody Can Change Me"のパフォーマンスも行うのではと言われている。(s)
(photo by Leo Lavish)