bmr

bmr>NEWS>21サヴェジが最新作で初の全米アルバム総合チャート1位を獲得

NEWS

21サヴェジが最新作で初の全米アルバム総合チャート1位を獲得

21 Savage - i am > i was

世界的ヒットとなったポスト・マローン “rockstar”へのゲスト参加で知られる26歳の若手ラッパー、トゥエニーワン・サヴェジ(21 Savage)が、最新作『i am > i was』で全米アルバム総合チャート初登場1位を獲得した。自身初のナンバーワン・ヒットとなる。

アトランタ育ちのトゥエニーワン・サヴェジは、2016年、米ヒップホップ専門誌XXLが注目の新人を選出する恒例企画「XXL Freshman Class」のひとりに選出され、その数ヵ月後にスター・ラッパーのドレイクが発表した“Sneakin’”にフィーチャーされたことで注目を集めた若手ラッパー。全米シングル総合チャートで初登場28位となった“Sneakin’”発表直後には、24歳の誕生日プレゼントとしてドレイクからフェラーリをプレゼントされていたことも話題になった。

2017年1月にはメジャー・レーベルのEpic Recordsとの契約が発表され、7月に発表したメジャー・デビュー・アルバム『Issa Album』は全米アルバム総合チャートで初登場2位を記録。さらにメトロ・ブーミンが手がけたメジャー・デビュー・シングル“Bank Account”は、同年8月には全米シングル総合チャートで最高12位まで上昇するヒットに。そして9月、ゲスト参加したポスト・マローンの“rockstar”はApple Musicでのリリース1週目の週間ストリーミング再生回数で歴代新記録(当時)を打ち立てる大反響を呼び、10月から12月にかけて8週連続で全米シングル総合チャートの首位を制する大ヒットとなる。またこの“rockstar”は、2018年になってからも人気は続き、米Billboard誌が発表した2018年の年間チャートで年間シングル総合ランキング5位を記録。加えて、来月開催される第61回グラミー賞でレコード・オブ・ザ・イヤーなど2部門にノミネートを受けている。

この“rockstar”の大ヒット中には、オフセット、メトロ・ブーミンとのコラボレーション作『Without Warning』をサプライズ・リリースし、全米アルバム総合チャートで初登場4位を記録。また、2018年には、全米シングル総合チャートで初登場14位となったカーディ・Bの“Bartier Cardi”を筆頭に、ミーゴス『Culture II』、トラヴィス・スコット『ASTROWORLD』といった話題作にも立て続けにゲスト参加している。

そして2018年が終わろうとした12月21日、沈黙を破ってトゥエニーワン・サヴェジが自身のニュー・アルバム『i am > i was』(⇒ 全曲フル試聴可)をサプライズ・リリース。ポスト・マローン、トラヴィス・スコット、J・コール、チャイルディッシュ・ガンビーノなど錚々たる顔ぶれが参加したこの新作は、発売1週目でおよそ13万1000ユニット(1ユニット=アルバム1枚売り上げ相当)を記録し、今週発表された1月5日付の最新全米アルバム総合チャートで初登場1位を獲得した。これは、2017年の『Issa Album』による初登場2位・初週7万7000ユニットを上回る成績で、自身初のナンバーワン・ヒットとなった。総合およそ13万1000ユニットのうち、実売セールスはおよそ1万8000枚と全体の13%程度で、音楽ストリーミング・サービスでの再生回数(有料会員によるストリーミングは1250回再生につき1ユニット、広告付き無料ストリーミングは3750回再生につき1ユニットと換算される)が牽引した形だ。

なおトゥエニーワン・サヴェジは、この『i am > i was』のヒットにより、全米シングル総合チャートにおいても、アルバムから9曲が初登場で同時ランクインとなっている。

また1月5日付の最新全米アルバム総合チャートでは、2017年の「XXL Freshman Class」に選出された23歳の新進ラッパー、エイ・ブギー・ウィット・ダ・フディ(A Boogie wit da Hoodie)の最新作『Hoodie SZN』(⇒ 全曲フル試聴可)が2位に初登場

コ―ダック・ブラックをゲストに迎えた“Drowning”が2017年に全米シングル総合チャートで最高38位まで上昇するヒットとなったことでも知られるエイ・ブギーは、2017年のメジャー・デビュー・アルバム『The Bigger Artist』が全米アルバム総合チャートで初登場4位・初週およそ6万7000ユニットを記録。2018年12月21日に発表された最新作『Hoodie SZN』では、発売1週目およそ9万ユニット(実売およそ6000枚)となっており、こちらもトゥエニーワン・サヴェジ同様、前作を上回ってキャリア最高位を更新している。

またエイ・ブギーの場合は、全米シングル総合チャートにおいて、『Hoodie SZN』より4曲が初登場で同時チャートインとなっている。