bmr

bmr>NEWS>ネット署名が効果アリ? ルーペ新作リリースか

NEWS

ネット署名が効果アリ? ルーペ新作リリースか

0000009023_image

新作が完成しているにも関わらずリリースされないという状況を嘆いていたラッパーのルーペ・フィアスコ(Lupe Fiasco)だが、ファンが開始した署名活動が実ってか、Atlantic Recordsが発売を確約した。

ルーペ・フィアスコの最新作"Lasers"はレーベル側の判断によりリリースが延期されているが、その状況に郷を煮やした一部のファンが7月21日にオンラインでの署名活動を開始。日本時間の28日時点で17,000人強の署名が集まっている。米ニュース局のCNNもこの署名活動を紹介するなど、引き続きその人数を伸ばしそうだ。この活動を受けてルーペはファンへの感謝をTwitterに投稿。さらに所属レーベルのAtlantic RecordsもTwitterアカウントで「みんな、Lasersは発売されるよ!」とつぶやき、発売中止にはならないとアピールしている。

ただし"Lasers"発売日などは不明のままで、後日ラジオ出演したルーペ・フィアスコは「年末までにリリースされてもされなくても、Stepping Lasersツアーをヨーロッパで行いたい」とコメントしている。Stepping Lasersツアーは既に8月にアジアを回る予定で、シンガポール、マカオ、韓国の江原道でライブを行うとのこと。

【関連記事】
"Lasers"発売 署名嘆願ページ
http://www.petitiononline.com/Beaming/petition.html