bmr

bmr>NEWS>アロー・ブラック、4年ぶり新作は社会派作品に

NEWS

アロー・ブラック、4年ぶり新作は社会派作品に

0000009024_image

ラッパーとして知られつつ見事な歌も披露するロスアンジェルスのアーティスト、アロー・ブラック(Aloe Blacc)が、新作を9月に発売すると発表した。

音楽性第一のラインナップでいまや鉄壁の信頼感を得たStones Throwレーベルから、2006年に発表したファーストソロアルバム"Shine Through"で高く評価されたアロー・ブラック、その後は国内アーティストとのコラボレートなども発表してきたが自身名義のアルバムは4年ぶり。今年に入ってシングル"I Need A Dollar"を発表、この曲がアメリカの人気ケーブル局HBOでシリアスなリアリティ番組"How to Make It in America"のテーマ曲となるなど、その名前が再び浮上していたが、Stones Throwオフィシャルサイトにてセカンドアルバム"Good Things"のリリース予定が発表された。

"I Need A Dollar"同様、この作品では政治、社会的な問題をテーマに据えたとのことで、失業、ホームレス、収入格差、資源をめぐる争いなどを反映した「モダン・ソウルの枠に組み込まれる作品」になったという。この"Good Things"は9月28日に発売される予定。

アロー・ブラック "Good Things" track list:
01. I Need A Dollar
02. Green Lights
03. Hey Brother
04. Miss Fortune
05. Life So Hard
06. Take Me Back
07. Femme Fatale
08. Loving You Is Killing Me
09. Good Things
10. You Make Me Smile
11. If I
12. Mama Hold My Hand
13. Politician (Reprise)

【関連記事】
アロー・ブラック "I Need A Dollar" ミュージック・ビデオ
http://bmr.jp/video/detail/00000000000000003040.html

アロー・ブラック "Loving You Is Killing Me" ライブ映像
http://bmr.jp/video/detail/00000000000000003557.html