bmr

bmr>NEWS>ジェイ・Z&アリシアのパロディ、YouTubeで削除

NEWS

ジェイ・Z&アリシアのパロディ、YouTubeで削除

0000009102_image

サマーソニック2010で来日、圧巻のステージングで観衆を沸かせたジェイ・Z(Jay-Z)が、アリシア・キーズ(Alicia Keys)と共演したヒット曲”Empire State of Mind”は、ニューヨークという様々な夢を見せる都市を称える賛歌として既におなじみ。この曲を元に日本でも東京や大阪バージョンが作られたのも記憶に新しいが、海外でもさまざまなパロディが話題を呼んできた。

なかでも人気が高く何度も報道されていたのがイギリスのアレックス・ウォレン(Alex Warren)とテレマ・ワインライト(Terema Wainwright)による、ウェールズの地方都市ニューポート版に歌い替えた”Newport State of Mind”。この替え歌はミュージックビデオまで原曲のパロディとして作り上げられ、ウェールズなまりのラップと「チップス、チーズ、カレーが新鮮な気持ちにしてくれる」などというユーモアたっぷりの歌詞でYouTubeの最多アクセスを記録するほど人気になっていた。ところが、音楽出版権の管理会社EMI Publishingの申し立てによりこの動画がYouTubeから削除された。この措置に対してネット上では「原曲を宣伝する最高の方法なのに」「歌詞もビデオも新たに作り直された独自の創造性がある」などとブーイングが巻き起こっている。

この”Empire State of Mind”はそのほかにも英スコットランドのグラスゴー、アメリカのミネソタやワシントンDC、フロリダ、オーストラリアのシドニーなど各都市のバージョンが作られており、治安の悪さを自虐的に歌ったニュージャージー州ニューアークの”Newark State of Mind”が特に注目されている。

【関連記事】
“Newark State of Mind” ミュージックビデオ(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=4U7kuqow3gg