bmr

bmr>NEWS>人気中国系ラッパーがブルース・リー伝記映画に出演

NEWS

人気中国系ラッパーがブルース・リー伝記映画に出演

0000009116_image

かつてTV番組の即興ラップ・バトル企画で7週連続で勝ち抜き、中国系アメリカ人として初めてメジャー契約を獲得したラッパーのジン(Jin)が、ブルース・リー(Bruce Lee)伝記映画のメイン・キャストを演じていることが分かった。

ジンはラップ・バトル番組に出演し7週連続勝ち抜きという快挙を達成、人気ヒップホップ集団のラフ・ライダーズ(Ruff Ryders)のメンバーに迎えられ、Virgin Recordsから2004年にデビューアルバム"The Rest Is History"を発表したラッパー。現在は香港に活動拠点を移し、Universal Music Hong Kongと契約して活動を続けており、同地では人気スターの座を得ている。

そのジンが、いまなお無二の人気を誇るカンフー・スター、ブルース・リーの伝記映画に出演していることを自身の公式サイトで明らかにした。彼が出演しているのは今年11月に公開予定の"Bruce Lee, My Brother"という伝記映画で、ジンはブルース・リーの友人役を演じている。主役であるブルース・リー役は人気若手俳優/歌手のアーリフ・リー(Aarif Lee)が演じており、ジンは当時の実際の写真と並べる形で、劇中の格好のままアーリフと仲良く写った写真を公開している。この映画は、渡米する18歳まで、というスターになる前の10代の頃のブルース・リーに焦点を当てた作品で、家族や友人との関係を中心に、大人へと成長する青春時代を描いているようだ。製作には、実弟のロバート・リー(Robert Lee)が関わるほか、レオナルド・ディカプリオ(Leonard DiCaprio)主演でオスカーを授賞したリメイク作『ディパーテッド』のオリジナルとしても知られる名作『インファナル・アフェア』などをプロデュースしていたHong Kong Media Asiaも関わっているという。

"Bruce Lee, My Brother"はブルース・リーの誕生日である11月27日に香港を中心にアジア地域で公開予定とのことだが、現在のところ日本での公開予定は不明。今年はブルース・リー生誕70周年で関連イベントなども行われているため、大いに注目を浴びそうだ。(s)