bmr

bmr>NEWS>ついにあの「バンド」の詳細が明らかに?

NEWS

ついにあの「バンド」の詳細が明らかに?

0000009188_image

ストリートのスタンスを保ちながらも、オタク気質や日本好きという趣向などを織り交ぜ、独自のスタイルを発信しているラッパー、ルーペ・フィアスコ(Lupe Fiasco)が、昨年から新たにスタートした、ジャパニーズ・カートゥーン(Japanese Cartoon)名義の‘バンド活動’について、メンズファッション情報サイトSlamxhypeのインタビューに答えている。

ジャパニーズ・カートゥーンは、ルーペ・フィアスコが本名のワサルー・ジャコ(Wasalu Jaco)名義でボーカルを担当するポスト・パンクのようなサウンドを展開するバンド。当初はルーペがパーシバル・ファッツ(Percival Fats)というイギリス出身のキャラクターを演じて「自分とは別のグループ」と主張していたが、現在はメンバーであることを認めている。数曲をネットで公開していたこのバンド、今年の7月には日本人イラストレイターSHOHEI OTOMOがアルバムジャケットを担当するなど、そのグループ名の通り「日本の漫画」を意識したアートワークを施した8曲入りの無料ダウンロードアルバム"In The Jaws of Lord of Death"を発表した。

そのジャパニーズ・カートゥーン、メンバーはルーペの他にグラハム・バリス(Graham Burris)、マット・ネルソン(Matt Nelson)、レ・メシー(Le Messie)の3人だという。ルーペとともにインタビューに同席したメンバーのレ・メシーはバンドの基本コンセプトを「70年代パンクにおける反逆精神の現代的再解釈」とし、「70年代パンクと同じものとみられがちだが、これは現代的な手法で、新しい世代であるオレたちが起こす新しい試みだ」と説明している。また、すべてインデペンデントなスタンスで展開していくことも明らかにし「メディアの概念を破壊したい。オレたちが何かをするとかしないとか、そういうことではなく、自然な時代の流れのなかで、有意義だと思われるものが残っていくべきだと思うし、もうすでにそういう現象は起きている」とあくまで我が道を行く姿勢を示している。

Slamxhypeではレ・メシーとジャパニーズ・カートゥーン、それぞれのゲストブログもスタートしており、彼らのファッション面での展開を中心に更新されている。また"In The Jaws of Lord of Death"収録曲"Heirplane"のミュージックビデオ撮影風景なども公開されている。(g)