bmr

bmr>NEWS>G.O.O.D.がサイハイ・ダ・プリンスと契約

NEWS

G.O.O.D.がサイハイ・ダ・プリンスと契約

0000009228_image

若手ラッパー、サイハイ・ダ・プリンス(Cyhi Da Prynce)がカニエ・ウェスト(Kanye West)の運営するレーベルG.O.O.D Musicと契約を交わした。

サイハイ・ダ・プリンスは既にエイコン(Akon)のKonvict Musicを通じて昨年の2月、ヒップホップの名門レーベルDef Jamと契約をしていた。その後カニエ・ウェストは、彼が参加しているイェラウルフ(Yelawolf)の"I Wish" (remix)を聴きその才能を絶賛。カニエの師ともいえるプロデューサー、ノー・ID(No ID)を通じて、連絡をとり移籍を提案したという。サイハイ・ダ・プリンスはIsland Def JamのCEO、LAリードらとカニエの滞在先のハワイに招かれ、数日間に渡り交渉、最終的に契約がまとまりG.O.O.D.への移籍が決定。サイハイ・ダ・プリンスはG.O.O.D Musicとの契約について「最高の理解者を得たことに、とても興奮している。カニエはオレが成し遂げたいと思いっていることを本当に良く理解してくれている」と喜びを露にしている。

サイハイ・ダ・プリンスはDef Jamの元でミックステープ"Royal Flush"を制作中だったが、今回の契約によって内容が変更される模様。G.O.O.Dレーベルの所属アーティストとの作品も追加した12曲入りの作品になるとのことだが、カニエ・ウェストは参加しないという。このミックステープは9月の初旬に公開される予定。

また、サイハイ・ダ・プリンスはハワイでカニエのスタジオ滞在中にいくつかの曲を制作した模様で、ビッグ・ショーン(Big Sean)、コンシークエンス(Consequence)、ジョン・レジェンド(John Legend) 、プシャ・T(Pusha T)、そして、モス・デフ(Mos Def)らとも制作をしたことを明らかにしている。カニエ・ウェストと、プロデューサー/シンガーのエイコン(Akon)の両者が参加している楽曲も制作したと明かし、「国際的に活躍する2人の偉大なアーティストを繋ぎ合わせたアーティストはオレが初めてだ。いまは他に言うことはできないが、待っててくれ」と期待を煽っている。(g)

【関連記事】
イェラウルフ "I Wish" (remix) ミュージックビデオ
http://bmr.jp/video/detail/00000000000000003685.html

サイハイ・ダ・プリンス + DJ グレッグ・ストリート
"What Da Dec Been Missin’"ミックステープ試聴ページ (livemixtape.com)
http://www.livemixtapes.com/mixtapes/10264/prynce_what_da_dec_been_missin.html