bmr

bmr>NEWS>ジェイ・Z、BETヒップホップアワードで最多11部門のノミネート

NEWS

ジェイ・Z、BETヒップホップアワードで最多11部門のノミネート

0000009303_image

音楽を中心にブラックカルチャー全般の発信源という役割を担う米ケーブルTV局BET(Black Entertainment Television)が主催する音楽アワードBET Hip-Hop Awardsのノミネートが8日に発表された。今年は、昨年リリースしたアルバム"Blueprint 3"の成功により、大御所ラッパー、ジェイ・Z(Jay-Z)が最多11部門のノミネートを獲得。昨年から躍進目覚ましいYoung Money勢ら若手アーティストたちを凌いだ。

ジェイ・Zは、最優秀リリシスト、最優秀ライブ・パフォーマンス、最優秀ハスラーといったほぼ全部門でのノミネートとなっているが、最優秀コラボレーションはもちろんアリシア・キーズ(Alicia Keys)とのコラボ曲"Empire State of Mind"が、最優秀ヒップホップビデオ賞には"Run This Town"、"Empire State of Mind"、"On to the Next One"の3曲が入り、ノミネート数を積み上げた。年間MVPと年間CD賞の2部門は、ジェイ・Zエミネム(Eminem)、リック・ロス(Rick Ross)、B.o.B、ドレイク(Drake)の同じ顔ぶれで競われることとなった。

これに続いたのは、結婚ツイート騒動が記憶に新しい、ドレイクニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)のYoung Money‘カップル’で、それぞれ8部門と6部門にノミネート。特にデビュー作すら発表していないニッキーの上位ノミネート数は彼女の勢いを証明しており、最優秀リリシスト賞では、レーベルオーナーのリル・ウェイン(Lil Wayne)、エミネムジェイ・Zドレイクの中に堂々とその名を連ねている。

5回目の記念開催となる今年のBET Hip-Hop Awardsは、10月2日にアトランタのBoisfeuillet Jones市民センターで開催され、放映は10月12日に予定されている。ホストは俳優/コメディアンのマイク・エップス(Mike Epps)に決定、注目のライブ出演者は随時発表される模様。(t)