bmr

bmr>NEWS>’05年以降で最も全米ヒットを飛ばしたプロデューサーは?

NEWS

’05年以降で最も全米ヒットを飛ばしたプロデューサーは?

0000009313_image

米Billboard誌によると、2005年以降最も売れたプロデューサーはティンバランド(Timbaland)だという。これは過去5年間で米Billboardのポップ・チャート40位以内にランクインした楽曲は何曲あるかという指標で調べたもので、ティンバランドは、自身の作品のほかネリー・ファータド(Nelly Furtado)、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)、ドレイク(Drake)、ケリー・ヒルソン(Keri Hilson)、ケイティ・ペリー(Katy Perry)など数多くのアーティストの作品を手掛け、25ものシングル曲をトップ40入りに導いている。

ティンバランドはヒップホッププロデューサーとしてキャリアをスタートさせたが、最近ではヒップホップ/R&Bを土台に、エレクトロやロックなどを融合させた独自のサウンドを展開しており、その活躍の場をポップ・フィールドへと移している。ティンバランド自身も「オレのファンの多くは女性で、色んな文化圏の人が多い。だからヒップホップだけをこよなく愛する人たちというわけではないんだ。ヒップホップの周辺にあるもの全てが好きな人がオレのファンなんだ」とその理由を説明している。

またこのランキングの2位は、ビヨンセ(Beyonce)の"Irreplaceable" やニーヨ(Ne-Yo)の"So Sick"などをプロデュースし、22曲をビルボードチャート40位内にランクインさせたプロデューサースターゲイト(Stargate)となっている。3位は21曲のランクインで、フロー・ライダー(Flo Rida)の"Right Round"などを手掛けたドクター・ルーク(Dr. Luke)、同数でテイラー・スウィフト(Taylor Swift)のプロデュースなどで知られるネイサン・チャップマン(Nathan Chapman)と続いている。(g)