bmr

bmr>NEWS>メアリー・J、新作はデビュー期に回帰?

NEWS

メアリー・J、新作はデビュー期に回帰?

0000009368_image

今年に入って、自伝本の執筆企画や映画出演、香水のプロデュースなど本業以外でも精力的な活動ぶりが報じられているベテランR&Bシンガー、メアリー・J.ブライジ(Mary J.Blige)。先ごろ開催されたMTV Video Music Awards授賞式や、ジェイ・Z(Jay-Z)&エミネム(Eminem)のNYヤンキース・スタジアム公演でもドレイク(Drake)などの新鋭たちに交じっても衰え知らずの存在感を示したメアリーの新作は、サウンド面での‘原点回帰’をテーマに制作が進められているという。

VMA出演後のバックステージでMTVニュースのインタビューに応じたメアリー・J.ブライジは「デビュー作"What’s the 411?"(92年)と2nd作"My Life"(94年)の2011年版といった感じね。私の原点つまりR&B/ヒップホップ/ソウルの融合だけど、使い古しではなく新しいやり方で表現するつもり。クラブヒットを狙うにしても近未来的なものじゃなく、もっとソウル寄りにするつもり」などとコメント。現在はスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)とレコーディングを進めており、「今作っている曲もすごいわよ」と自信をのぞかせている。他には[Q-ティップ](Q-Tip)が18日にメアリーの楽曲を手がけていることをツイートしている。

また10月2日からは、ジャズミン・サリバン(Jazmine Sullivan)やミゲル(Miguel)を帯同した北米ツアーを敢行、ベテランR&Bシンガーのエル・デバージ(El DeBarge)もゲスト出演するとか。(t)