bmr

bmr>NEWS>ワイクリフ、大統領選出馬を断念

NEWS

ワイクリフ、大統領選出馬を断念

0000009386_image

11月のハイチ大統領選に立候補していたミュージシャンのワイクリフ・ジョン(Wyclef Jean)が、21日、正式に出馬を取り下げると発表した。

ワイクリフはアメリカで活動するハイチ移民で、今年発生したハイチ大震災後には世界的規模のチャリティ運動を巻き起こすことに成功、莫大な支援金を集めた。さらに夏には大統領選への出馬を表明したものの、選挙管理委員会から出馬条件を満たしていないとして立候補資格なしとされていた。その後も特例での立候補に向けてこれまで行ってきたチャリティ活動の成果などをアピールし、選管やプレヴァル現大統領に対するプロテスト・ソングまで発表していたワイクリフ・ジョンだが、21日付けの声明で出馬断念を発表。「私の大統領選に向けた活動は道半ばにして終わった。しかしこれが無駄だったとは思わない。ハイチのブラザー、シスターたちの状況を改善するために、少しでも役立てたはずだ」とコメントしている。

今後はアメリカに戻ってミュージシャンとしての活動に集中するようで、来年2月に新作“If I Were President, the Haitian Experience”をリリースするとも発表。またTwitter上では、今後いずれかの大統領候補をサポートしていくよう決定するつもりであることや、自身のチャリティ団体Yele Haitiについてどんな活動をすべきか広く意見を募るなど活発なコミュニケーションを続けており、今後もハイチとのつながりを継続していくことは間違いないようだ。
(photo by mark yuen, under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.0 Generic license.)