bmr

bmr>NEWS>チェリッシュのメンバーが改めて解散を否定

NEWS

チェリッシュのメンバーが改めて解散を否定

0000009661_image

メンバーのうち双子のふたりが独立し、デュオとして活動を始めている4人組姉妹からなるR&Bグループ、チェリッシュ(Cherish)だが、この双子が「姉妹の絆は固い」と改めて解散説を否定した。

チェリッシュは、ヒット曲“Do It To It”などを持つ米アトランタ出身のキング4姉妹から成るグループ。2008年には順調にセカンドアルバム”The Truth”をリリースするもほとんどプロモーションもされず同作はセールスが低迷、そのまま所属していたCapitol Recordsから契約解除された。その後、2009年からファーロン(Fallon King)とフェリーシャ(Felisha King)の双子ふたりだけがデュオとして活動をスタート。これまでもチェリッシュ解散説は否定されてきたが、双子がファーロン&フェリーシャ(Fallon & Felisha)としてのデビュー曲“Lights Out”を今年9月に発表、「まもなく復活する」という4姉妹での活動についてはまったく音沙汰がないことから再び解散説が持ち上がっていた。

しかし、AceShowbiz.comのインタビューに応じたファーロン&フェリーシャは改めてチェリッシュの解散を否定。「チェリッシュには壊れようのない絆がある。この音楽業界で長いキャリアを持つことを考えているし、近いうちにグループとしてのアルバムを間違いなく出すつもりよ」と説明。もっとも、他の姉妹の現状については、「(ファーロン&フェリーシャのデュオという)プロジェクトにすごく協力的なの」とコメントするのみに留まり、具体的にチェリッシュとしての活動の予定はまだ決まっていない模様。

ファーロン&フェリーシャとしては、「未来的」という“Lights Out”のミュージックビデオの公開も控えているほか、2011年の中頃にデビューアルバムの発表を予定している。音楽性としてはチェリッシュに比べ、「よりポップ」になるという。オフィシャルサイト www.fallonandfelisha.com では“Lights Out”を含めた6曲の曲名が明かされており、順次試聴できるようになる予定だが、これら6曲はすべてアルバムにも収録される予定とのこと。また、カニエ・ウェスト(Kanye West)の“Flashing Lights”やニーヨ(Ne-Yo)の“Can We Chill”、またロイド(Lloyd)の“Year Of The Lover”、エイメリー(Amerie)の“Heard ‘Em All”などを手がけたことで知られるプロデューサー、エリック・ハドソン(Eric Hudson)の参加も明らかにされている。(s)

【関連リンク】
ファーロン&フェリーシャ公式サイト