bmr

bmr>NEWS>PCDのニコール、今度こそソロ作発表なるか?

NEWS

PCDのニコール、今度こそソロ作発表なるか?

0000009678_image

史上最年少かつ黒人初のワールド・チャンピオンに輝いた人気F1レーサー、ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)との交際でも知られるニコール(Nicole Scherzinger)がいよいよ念願のアルバム発表へとソロ活動に‘ギア’を替えたようだ。

人気女性パフォーマンス・グループ、プッシーキャット・ドールズ(the Pussycat Dolls)のリード・シンガーでもある彼女は、2007年にソロ活動のスタートを表明。“Whatever U Like”などのシングルを発表したが、結局ソロとしてのデビューアルバム“Her Name Is Nicole”はお蔵入りし、一部の曲はプッシーキャット・ドールズの2ndアルバムに収録されるなどしてソロ活動は休止されていた。

しかし先日、新曲“Poison”を発表、そのミュージックビデオも公開されたニコールは今度こそソロ・アルバムのリリース実現のため本格的に動き出した。レディー・ガガ(Lady GaGa)のブレイクを支えた売れっ子プロデューサー、レッドワン(RedOne)が“Poison”のプロデュースだけでなくアルバムの制作に力を貸しており、加えてニーヨ(Ne-Yo)、ジェイ・ショーン(Jay Sean)といった人気男性シンガーとの共演も予定しているという。現在のところアルバムの発売時期やタイトルについては言及されていない。

またニコールは噂されていたとおり、人気映画のシリーズ続編“Men In Black 3”に出演することを認め、「数行のセリフを言ったら、すぐ死んじゃうわ」と悪役のカメオ出演であることを明かしている。(s)

【関連リンク】
Nicole Scherzinger “Poison”ミュージックビデオ