bmr

bmr>NEWS>ケリー・プライス、5年ぶりの新作を来年発表へ

NEWS

ケリー・プライス、5年ぶりの新作を来年発表へ

ジョージ・マイケル(George Michael)やマライア・キャリー(Mariah Carey)のバックコーラスとしてキャリアをスタートさせ、そのゴスペル育ちの歌声で人気のある実力派R&Bシンガー・ソングライターのケリー・プライス(Kelly Price)が、来年5年ぶりの新作を発表する。

ケリー・プライスは、マライア・キャリーに認められて彼女のバックコーラスなど裏方を数年間務めた後、98年に“Soul Of A Woman”を発表しデビュー。“Friend Of Mine (Remix)”などのヒットを飛ばした。同年には全米2位の大ヒットとなりグラミー賞にもノミネートされたホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)の“Heartbreak Hotel”に参加するなど順調に活躍。06年には自主レーベルからゴスペル作品も発表した。

ここ最近もさまざまなアーティストのオファーを受け客演で活躍し、またタミア(Tamia)、デボラ・コックス(Deborah Cox)と組んだ実力派女性シンガー3人でグループを組んだ「クイーン・プロジェクト」のアルバム発表も待たれるが、自身の5年ぶりとなる新作発表も控えているようだ。すでに今年、ニューアルバムからのファーストシングルとなる“Tired”という新曲を発表して好評を博しており、待望の新作は来年2月の発表予定という。彼女の迫力の歌声が存分にフィーチャーされた“Tired”は、「クイーン・プロジェクト」も取り仕切っている名匠シェップ・クロフォード(Shep Crawford)によるプロデュースで、新作には他にウォーリン・キャンベル(Warryn Campbell)とジャズ・ニクソン(Jazz Nixon)も参加しているとのこと。またこの新作はウォーリン・キャンベルのレーベルであるMy Block Recordsからリリースされる予定。

加えて、彼女は“Tired”のリミックス・コンテストを12月5日までFacebook上で開催しており、優秀な作品は公式リミックスとして正規販売されるという。(s)

【関連リンク】
ケリー・プライス “Tired”リミックス・コンテスト告知ページ
http://www.facebook.com/KellyPriceFans?v=app_4949752878