bmr

bmr>NEWS>リアーナがドレイクと交際できなかったワケ?

NEWS

リアーナがドレイクと交際できなかったワケ?

0000009822_image

昨年、デートしているところが目撃されていた人気ラッパーのドレイク(Drake)との関係について、その複雑な心境をリアーナ(Rihanna)が英MTVに対して明かしている。

リアーナドレイクは2009年の初夏に何度かデートしているところをパパラッチされ、ドレイク自身もライブ中にリアーナへのメッセージを叫ぶなど、交際していたことが明らかになっている。ところがその後、リアーナは別の男性とのデートが目撃されるようになり、現在はメジャー・リーグの選手マット・ケンプ(Matt Kemp)と交際中。一方ドレイクは既に今年6月、「(リアーナは)素晴らしい時間を過ごした後、突然消えた」と2人の関係を語っており、この経験が自身の“Firewoks”という曲につながったとコメントしていた。

そのドレイクとの‘交際’について、MTVに口を開いたリアーナは「ドレイクには本当に魅力を感じてたわ。でも私はあのとき、人生の中でも特に微妙で繊細な時期だったの。だから私はどんなものでも、何者でも、真剣になりすぎるようなことはしたくなかった」とコメント。交際していたクリス・ブラウン(Chris Brown)との事件による衝撃から癒えていなかったことを明かしている。

ちなみにクリス・ブラウンはこの事件のつぐないとして、現在も公共奉仕活動やカウンセリング受講をしっかりと続けている模様。先週18日にも保護監察報告のために出廷し、判事からその真面目な活動ぶりを賞賛されている。
(photo by lifeisshhguuud, under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.0 Generic license.)