bmr

bmr>NEWS>期待のラッパー、ニプシー・ハッスルが自らデビュー作発表を延期へ

NEWS

期待のラッパー、ニプシー・ハッスルが自らデビュー作発表を延期へ

0000009853_image

ウェスト・コースト出身の新進ラッパーとして期待を集めるニプシー・ハッスル(Nipsey Hu$$le)が、デビュー作“South Central State of Mind”のリリースを延期。「自分を信じてくれる人たちに、オレのベストを提示するためのクリエイティブな決断」だと説明している。

12月21日発売予定となっていたデビューアルバム“South Central State of Mind”からは、既にシングル“Feelin Myself”、“Keys to the City”がリリース済み。ミックステープ“Bullets Ain’t Got No Name”シリーズなどで注目され、米ヒップホップ誌XXLの注目新人企画で今年の10人に選出されるなど、これからの活躍に期待がかかるラッパーだが、Twitterでこの延期についてコメント。これは自ら決定したもので、レーベルの責任によるものではないと説明した上、「12月21日には“the Marathon”をリリースする」とコメント。この“the Marathon”が楽曲のタイトルなのか、はたまたフリー音源などのミックステープ的な作品なのかは不明だが、Twitterで続けて「マラソン:2009年、アメリカだけで467,000人のランナーがマラソンを完走している」などというつぶやきを投稿している。