bmr

bmr>NEWS>2010年ワーストアルバムはリル・ウェイン?

NEWS

2010年ワーストアルバムはリル・ウェイン?

0000009999_image

いよいよ2010年も残すところ2週間を切り、多くのメディアが「2010年ベスト」を発表する中で、米エンタメ雑誌Entertainment Weeklyがベスト作品と共にワースト作品を発表、そのランキングが話題を呼んでいる。

Entertainment Weekly(EW)が発表した音楽ランキングでは、ベストアルバムは1位のカニエ・ウェスト(Kanye West)“My Beautiful Dark Twisted Fantasy”を筆頭に、アーケイド・ファイア(Arcade Fire)、ロビン(Robyn)、ビッグ・ボーイ(Big Boi)、ジャネル・モネイ(Janelle Monae)など各メディアで評価の高い作品が軒並みランクインしている形になっているが、注目はワースト。リード曲が「レディー・ガガ(Lady Gaga)のパクリ」と批判されるなど逆風が吹き荒れ、セールスも不振となったクリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)の“Bionic”がワースト5位、そしてワースト1位には今年はほぼ刑務所の中にいたリル・ウェイン(Lil Wayne)がロックに挑戦した“Rebirth”が選ばれた。

なお、EWはエンタメ雑誌らしく、2010年を代表するエンターテイナーのベスト15も発表。15位には兄は映画、妹は音楽とファッションでそれぞれ話題を呼んだジェイデン&ウィロウ・スミス兄妹(Jaden Smith & Willow Smith)、11位には全米で社会現象を巻き起こしたミュージカル・コメディTVドラマ『glee / グリー 踊る♪合唱部!?』キャスト、9位には新作が大ヒットしているケイティ・ペリー(Katy Perry)、7位は今年も大いに話題を呼んだレディー・ガガ、6位に日本では来年1月から公開となるヒット映画『ソーシャル・ネットワーク』キャスト、3位にはベストアルバムに輝いたカニエ・ウェスト、そして1位には新作が発売初週からミリオンヒットを飛ばす因縁のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)が選ばれている。弱冠20歳のテイラーはEW史上、最年少ベスト・エンターテイナーとのこと。(s)

“Best Albums of 2010” by Entertainment Weekly
01. Kanye West “My Beautiful Dark Twisted Fantasy”
02. Arcade Fire “The Suburbs”
03. Robyn “Body Talk”
04. The Black Keys “Brothers”
05. Big Boi “Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty”
06. Sleigh Bells “Treats”
07. Cee Lo Green “The Lady Killer”
08. Janelle Monae “The ArchAndroid”
09. Local Natives “Gorilla Manor”
10. Laura Marling “I Speak Because I Can”

“Worst Albums of 2010” by Entertainment Weekly
01. Lil Wayne “Rebirth”
02. Santana “Guitar Heaven: The Greatest Guitar Classics of All Time”
03. Liz Phair “Funstyle”
04. Bret Michaels “Custom Built”
05. Christina Aguilera “Bionic”