bmr

bmr>NEWS>ファレル、ネプチューンズとしての新作を制作中

NEWS

ファレル、ネプチューンズとしての新作を制作中

0000010033_image

つい先日、N★E★R★D(N*E*R*D)としての2年ぶりの新作を発表したネプチューンズ(the Neptunes)だが、メンバーのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)によれば現在、ネプチューンズ名義での新作を制作中であるという。

これまで、3人組のN★E★R★Dとしてアルバムを4枚発表してきたが、ファレルとチャド・ヒューゴ(Chad Hugo)のデュオ、ネプチューンズとしては多数のアーティストが参加した一種のプロデューサーズ・アルバムである“The Neptunes presents…Clones”を発表したきり。少し前まではチャドがほぼ関わらない形でファレルがネプチューンズとしてプロデュースを務めることも多かったが、先日発表されたN★E★R★Dの最新作“Nothing”に続いて、ファレルとチャドががっつり組んだ新作を制作中のようだ。

年明け1月1日にオーストラリアでN★E★R★Dのライブ公演があるファレルは、オーストラリアのHerald Sun紙の取材に応じ、N★E★R★Dではなくネプチューンズ名義の新作を制作中であることを明かした。「いまネプチューンズの新作に取りかかっている。ヤバい出来だよ。これまでより間違いなくハードな……汗をかくようなサウンドだ」と説明。N★E★R★D作品との違いについては、「N★E★R★Dではもっと自分たちのパーソナリティを反映させているけど、ネプチューンズとしては色んなアーティストをプロデュースする側になるから、プロデュースするアーティストのパーソナリティを引き出すことになる」と説明。2003年の“The Neptunes presents…Clones”のような作品になりそうだ。ファレルは具体的なリリース時期については言及を避けたが、2011年の発表を考えている模様。

またファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)は、今年公開されたアニメ映画『怪盗グルーの月泥棒』(原題“Despicable Me”)の音楽を手がけていたが、製作が噂されている続編の音楽も手がけると明かした。さらにマドンナ(Madonna)の新作に関わっているとも語っており、多忙ぶりは相変わらずのようだ。
(photo by Karl Hab)