bmr

bmr>NEWS>アレサ・フランクリン、「私はとびっきり健康よ」

NEWS

アレサ・フランクリン、「私はとびっきり健康よ」

0000010108_image

一部ですい臓がんであると報じられ体調が心配されている‘クイーン・オブ・ソウル’ことアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)だが、TV番組に生電話で登場、自らの口で快復をアピールした。

体調不良のために、昨年10月末から今年5月までの向こう半年間の予定をすべてキャンセルすると発表したアレサ・フランクリンは、昨年12月に地元デトロイトの病院にて手術を受け、無事に成功したと発表されたものの、現時点にいたるまで病状については一切の公式発表はない。だが地元デトロイトのメディアがそれぞれ「彼女の病状をよく知る関係者」と「フランクリン家の身内」の証言として、アレサはすい臓がんであると報じている。

手術後予定どおり退院し、自宅療養をしていたアレサは先日、米Jet Magazine誌の独占取材に応じるも、「私は自分の健康のこととかビジネスのことについて多く語りたいような人間じゃない。医者以外には自分の健康状態について話す気はないわ」として、やはり病名については伏せた。しかしファンの心配の声を受けて、タレントのウェンディ・ウィリアムズ(Wendy Williams)が司会を務めるTV番組に生電話で出演し、「私はとびっきり健康よ」と元気な声を聞かせた。「部屋から見える景色を変えたかったから」と現在は豪華なカジノ・ホテルで過ごしているというアレサは、まだ自由な外出までは2週間待つよう言われているとのことだが、復帰後のプランについて、キャンセルしたコンサートの日程すべてを再設定し、ステージに戻ることが最優先事項だと語っている。また最近聴いている音楽の話になると、「R.ケリー(R. Kelly)の新曲は好き? “When A Woman Loves”のことよ。恋をしたことのある女性なら誰でも共感できると思うわ」と語っている。

なお、数年前から浮上しているアレサ・フランクリンの伝記映画については、「製作をしようってオファーはたくさんきているけど、良い話がなかったのよね」とまだ具体的に進行はしていない様子。ただし、アレサ役についてはハリウッド女優のハル・ベリー(Halle Berry)を自ら希望していることを明かしている。(s)