bmr

bmr>NEWS>アッシャー、体調不良で欧州公演がのきなみ中止に

NEWS

アッシャー、体調不良で欧州公演がのきなみ中止に

0000010117_image

昨年は3作連続で全米チャート初登場1位となった“Raymond V Raymond”に続いてEP“Versus”を発表と2作リリース、ヒットを記録したR&Bシンガーのアッシャー(Usher)だが、体調不良により欧州ツアーの公演を3度連続で中止し、体調が心配されている。

アッシャーは全米チャートと全英チャートの両方を制覇した大ヒット曲“OMG”を名に冠した世界ツアー、OMG Tourを昨年10月からスタート。北米公演を終え、今年1月からは欧州ツアーを開始した。欧州ツアーは1月12日のドイツはベルリン公演からスタート予定だったが、前座のタイニー・テンパー(Tinie Tempah)のパフォーマンス終了後、ファンは1時間待たされた後にアッシャーのマネージャーが登場、病気のため翌日に延期すると発表。アッシャーもTwitterで、「今夜の公演の延期で来られなくなったベルリンのファンの皆さんには本当に申し訳ないと思っています。病気にかかっており、観てもらう価値のあるショウをすることは不可能だと思っての決断です。明日の公演でベルリンのみなさんに素晴らしいショウがお観せできることを楽しみにしています」とのコメントを出した。

しかし翌13日、前座を省いた延期公演に登場したアッシャーはまだ体調が戻っていなかったようで、スタート時間から45分遅れて登場、最初の2曲を口パクで披露。得意のダンスもほとんど披露することなく、途中はDJが彼のヒット曲を流し盛り上げ役に切り替えるも、時折ふらつく姿が見られるなど立っているのも辛そうな様子だったという。5曲をパフォーマンスするも最後にはマイクスタンドの前に立ち、頭をうなだれた状態で4分間ほど黙った後、ぐったりした様子で会場を去ってしまい、公演半ばで再びキャンセルとなった。チケット売り切れという公演だったために怒りの声とアッシャーの体調を心配する声が交錯したという。アッシャーは、その翌日14日に予定されていたオランダはロッテルダムでの公演も3月に延期を発表しており、いまのところ欧州での公演はまだひとつも無事に終えていない。18日にはフランスでの公演が予定されている。

なお、広報によればアッシャーは副鼻腔感染症にかかっているとのことで、ファンからは、体調が戻らないまま公演をさせようとしたマネージメント側に問題があるのではと指摘されている。(s)

アッシャー%20ベルリン公演