bmr

bmr>NEWS>レイクウォン、“Shaolin vs…”のトラックリスト公開

NEWS

レイクウォン、“Shaolin vs…”のトラックリスト公開

0000010126_image

ここ数年、名盤として名高いソロ・デビュー作の続編”Only Built 4 Cuban Linx… Pt. II”や、ウータン・クラン(Wu-tang clan)メンバーのメソッド・マン(Method Man)、ゴーストフェイス(Ghostface)とのコラボ作”the Wu-Masscre”と精力的にリリースを重ねているレイクウォン(Raekwon)の新作“Shaolin vs. Wu-Tang”の発売日が3月8日に決定、トラックリストも公開されている。

全17曲入りの同作からは、昨年12月に先行シングル”Butter Knives”がiTunes Storeで発売されており、今月11日には公式シングルとしてタイトル・トラックとアルバムアートワークが同時に公開されたばかり。ゲストには、既報のメソッド・マン、ゴーストフェイス、インスペクター・デック(Inspectah Deck)に、ザ・ルーツ(The Roots)のMCブラック・ソート(Black Thought)、リック・ロス(Rick Ross)、ジム・ジョーンズ(Jim Jones)、R&Bシンガーのラヒーム・デヴォーン(Raheem DeVaughn)、さらにナズ(Nas)の名前がクレジットされている。しかしながら、噂のあったエミネム(Eminem)は残念ながら不参加となった。

“Shaolin vs. Wu-Tang”は、2007年当初、ウータン・クラン名義のアルバムとして制作が報じられたが、同時期にウータン・メンバーが次々と中心人物RZAの不満を口にしていたことも重なったためRZA抜きで制作が進められ、後にレイクウォンのソロアルバムへと変更されたもの。同作についてレイクウォンは「ウータンに加入する前の1人のMCとして、強力なウータンにチャレンジするという意味で、敵意を現したものでは決してない。RZAと同様の哲学を俺も持っている。ウータン的でもあり俺の最高のサウンドを気に入ってもらえるはずだ」などとコメントを寄せている。ちなみに“Shaonlin vs. Wu-tang”は、ウータン・クランのデビュー作でもサンプリングされたカンフー映画の古典と同タイトル。

またレイクウォンは今年10月発売を目指して‘DJと歌を重視した’新作も半分完成させており、同作のプロデューサーにはジャスト・ブレイズ(Just Blaze)とカニエ・ウェスト(Kanye West)というビッグネーム2人の名前が挙がっている。(t)

01. Shaolin VS Wu-Tang
02. Every Soldier In The Hood ft. Method Man
03. Silver Rings ft. Ghostface
04. Ferryboat Killaz
05. The Scroll
06. Masters Of Our Fate ft. Black Thought
07. Rich And BlackL ft. Nas
08. Butter Knives
09. Crane Style ft. Busta Rhymes,
10. Chop Chop Ninja ft. Inspectah Deck, Estelle
11. From The Hills ft. Method Man, Raheem DeVaughn
12. Last Train To Scotland ft. Lloyd Bank
13. Rock N Roll ft. Jim Jones, Ghostface, Kobe
14. Molasses ft. Rick Ross, Ghostface
15. Dart School
16. Snake Pond
17. Wu Chant (Outro)