bmr

bmr>NEWS>JB直系のソウル・シンガー、62歳にしてデビュー

NEWS

JB直系のソウル・シンガー、62歳にしてデビュー

0000010185_image

故ジェイムス・ブラウン(James Brown)から強い影響を受けている、熱くオールドスクールなソウル/ファンク親父シンガー、チャールズ・ブラッドリー(Charles Bradley)がデビュー・アルバム“No Time For Dreaming”を発表した。なんと62歳でのデビューだ。

チャールズ・ブラッドリーは1948年、フロリダ州ゲインズビル生まれのニューヨークはブロンクス育ち。1962年、14歳のときに観たジェイムス・ブラウンのパフォーマンスに衝撃を受け、以来歌手を志したという。料理人としてさまざまな土地で働きながら、何十年も仕事の合間を縫ってシンガーとして活動していたという苦労人。シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングズ(Sharon Jones & the Dap-Kings)らを輩出している米ニューヨークのソウル/ファンク・レーベル、Daptone Recordsの創設者であるゲイブリエル・ロス(Gabriel Roth)との出会いが転機となり、ダップ・キングズのギタリストであるトーマス・ベネック(Thomas “Tommy TNT” Brenneck)がDaptone傘下に設立したDunham Recordsから2007年にシングル“The World (Is Going up In Flames)”を発表。それから3年以上の月日が経ち、ようやくデビュー・アルバムのリリースに至った。

‘夢を見てる時間などない’というタイトルが付けられたこのデビュー作は、トーマス・ベネックら凄腕ミュージシャンが集ったバンド、メナハン・ストリート・バンド(Menahan Street Band)を従えたソウルあふれるアルバムとなっており、プロデュースもベネックが担当している。JBを初めて観てからおよそ半世紀経ってのデビュー作、彼の人生がにじみでた塩辛い歌声とメナハン・ストリート・バンドによるファンキーな演奏がどこをとっても‘濃い’作品となっている。(s)

チャールズ・ブラッドリー&メナハン・ストリート・バンド
“No Time for Dreaming”トラックリスト

01. The World (Is Going up in Flames)
02. The Telephone Song
03. Golden Rule
04. I Believe in Your Love
05. Trouble in the Land
06. Lovin’ You, Baby
07. No Time for Dreaming
08. How Long
09. In You (I Found a Love)
10. Why is it so Hard?
11. Since Our Last Goodbye
12. Heartaches and Pain

【関連リンク】
チャールズ・ブラッドリー&メナハン・ストリート・バンド “The World” ミュージックビデオ
チャールズ・ブラッドリー&メナハン・ストリート・バンド “The World” ライブ映像