bmr

bmr>NEWS>クリス・ブラウン、待望の‘復活作’は3月に

NEWS

クリス・ブラウン、待望の‘復活作’は3月に

0000010200_image

昨年は米Billboard R&Bチャート1位を記録した“Deuces”などヒットを飛ばしたR&Bシンガーのクリス・ブラウン(Chris Brown)がいよいよ新作を3月に発売する。

“Deuces”を収録していたミックステープ“Fan of A Fan”からのシングル“No BS (No Bullshit)”が現在R&Bチャート3位まで上昇と勢いづくクリス・ブラウンが、待望のニューアルバム“F.A.M.E.”を全米で3月22日にリリースすると発表した。同日に2枚組のデラックス盤“F.A.M.E. / Fortune”もリリースされるという。全米チャートで最高15位となったハウス調のアッパーな“Yeah 3X”や、ディプロ(Diplo)がプロデュースを務め、リル・ウェイン(Lil Wayne)とバスタ・ライムス(Busta Rhymes)が参加したヒップホップ・サイドの2ndシングル“Look At Me Now”などが収録される予定で、他にジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)らの参加が噂されている。2月1日リリース予定の“Look At Me Now”に続くシングルは、ベニー・ベナッシ(Benny Benassi)のプロデュースによるクラブ調の“Beautiful People”となるようだ。すでに今月には関係者向けに90分近いリスニングセッションがLAで行われ、Billboard誌によると「R&Bもありながら、ハウスやダブとの融合を積極的に行っている」と評されている。

クリス・ブラウンは来月授賞式の行われる第53回グラミー賞で、前作“Graffiti”が最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム部門にノミネートを受けているほか、計3部門の候補に挙がっている。2年前のグラミー賞授賞式前夜に当時の恋人リアーナ(Rihanna)に対するドメスティックバイオレンス事件を起こしたことがその後の彼の活動に暗い影を落としていただけに、所属するJive Recordsの重役も今回のグラミー・ノミネートについて、「クリス・ブラウンが正しい方向に向かっているということだ。忘れている人もいるかもしれないが、彼のパフォーマンスを観れば、彼が天から授かった才能を理解することだろう」とコメントを発表している。またグラミーに関連して、「授賞式の出席などが困難になる」としてリアーナへの接近禁止令を解除してもらえるよう要請している。クリス・ブラウンは2014年までリアーナへの接近禁止を命じられており、現状のままでは第53回グラミー授賞式に出席しない予定とのこと。彼は既にDVカウンセリングのプログラムをすべて完了、担当判事からは更正ぶりを賞賛されている。

また、T.I.やトゥイスタ(Twista)、ネリー(Nelly)、バウワウ(Bow Wow)、チップマンク(Chipmunk)、タンク(Tank)、ケリー・ヒルソン(Keri Hilson)など客演仕事が相次ぐクリス・ブラウンだが、いまだ発売日未定のゲーム(Game)待望の新作“The R.E.D. Album”にも参加していることがゲーム本人の口から明らかにされている。(s)