bmr

bmr>NEWS>J・ディラのドキュメンタリー、予告編が公開

NEWS

J・ディラのドキュメンタリー、予告編が公開

0000010210_image

90年代に円熟期を迎えたヒップホップ・シーンに新風を吹き込み、死後もカリスマ的人気を誇るプロデューサー、J・ディラ(J.Dilla aka Jay Dee)の功績を追ったドキュメンタリー“J.Dilla: Still Shining”の予告編が公開された。

2006年に病気で亡くなったJ・ディラは、それまでヒップホップでは用いられなかった楽曲をサンプリングしたり新たな質感のサウンドを提案し続け、数々の傑作を生み出したプロデューサー。ブライアン・アトキンス(Brian “B. Kyle” Atkins)監督によるこのドキュメンタリーは、生前のディラのインタビューやライブ映像を収録するほか、共に活動したエリカ・バドゥ(Erykah Badu)、コモン(Common)、クエストラブ(?uestlove)、ビラル(Bilal)、バスタ・ライムス(Busta Rhymes)らを始め、ピート・ロック(Pete Rock)など多数のミュージシャンのコメントも寄せられている。その詳細や公開形式は明らかになっていないが、J・ディラの命日である2月7日、theJDillaProject.comを通じて発表されるとのこと。

“J.Dilla: Still Shining”予告編

【関連リンク】
“J.Dilla: Still Shining”オフィシャル・サイト