bmr

bmr>NEWS>新鋭ラッパーのウィズ・カリファ、話題曲がついに全米1位に!

NEWS

新鋭ラッパーのウィズ・カリファ、話題曲がついに全米1位に!

0000010282_image

昨年9月に発表されて以来、じわじわとチャートを上昇してきた個性派ラッパー、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)の出世曲“Black and Yellow”が、米Billboard Hot 100チャートで先週の4位からついにトップに立ち、3月29日に控えるメジャー・デビュー作“Rolling Papers”のリリースに華を添えた。

“Black and Yellow”はウィズの出身地、ピッツバーグの色である黒と黄色をテーマにした曲。先週日曜には、NFLの頂上決戦スーパーボウルに同地のアメフト・チームのピッツバーグ・スティーラーズが出場、さらに対戦相手グリーンベイ・パッカーズの応援のためにそのチームカラーをタイトルした“Green and Yellow”を対抗してリル・ウェイン(Lil Wayne)が発表したことも話題となり、残念ながらスティーラーズは試合には敗れてしまったもののチャート上昇には功を奏した模様。

関連してウィズ・カリファは、新曲“Roll Up”のミュージックビデオをディディ(Diddy)の恋人とも噂されている美人シンガー/モデルのキャシー(Cassie)を迎えて撮影したほか、昨年メジャー・ブレイクしたB.o.B、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)と共に今月末に発売されるヒップホップ雑誌VIBEの表紙に登場、「The New Pop Music」として特集されている。

ちなみに“Black and Yellow”を手がけたヒット・プロデューサーチーム、スターゲイト(Stargate)は、昨年末から今年頭にかけて同じく彼らによるケイティ・ペリー(Katy Perry)“Firework”が全米1位を獲得しており、今年早くも2曲目の全米1位シングルを送りだしている上、今秋のチャートでは3位にその“Firework”、8位にリアーナ(Rihanna)の“What’s My Name”とトップ10にスターゲイトによる曲が3曲もランクインと絶好調だ。(t)

ウィズ・カリファ“Black and Yellow”ミュージックビデオ