bmr

bmr>NEWS>リル・キム、新作が28時間で11万枚売れる?

NEWS

リル・キム、新作が28時間で11万枚売れる?

0000010313_image

2000年代初頭に女性ラッパーの代表格として大活躍したリル・キム(Lil’ Kim)がバレンタインの今月14日に発表したミックステープ“Black Friday”が、発売当日から10万枚超の売れ行きを見せているという。

最近では無料ダウンロードで発表されることが多いミックステープだが、リル・キムは、新作“Black Friday”をTwitterとPayPal(国内外で使えるオンライン決済サービス)を通じ、9.99ドル(約830円)で発売。さらにデジタルでの販売はなく後日CDを郵送という最近では珍しい通販システムでの販売だったが、なんとわずか28時間で11万3000枚ものセールスを記録したという。但し、これはリル・キムによる自己申告の数字で、彼女がTwitterで「皆、ありがとう。PayPalのNo.1記録よ。ありがとう」、「アクセスが集中してシステムがダウンしてごめんなさい。もうOKよ」などといったコメントと共に報告したものだが、単純計算するだけでもすでに約113万ドル(約9,400万円)を売り上げたことになる。しかしPaypal側からは「弊社は数字の大小にかかわらず取り扱い明細金額の公表は致しかねます」とのコメントが出されており、この数字を疑う声も上がっている。

先着10万枚はリル・キムのサイン付という同作、さらに世間を驚かせたのはその強烈なアートワークで、彼女が敵意をむき出しにしている新鋭女性ラッパー、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)と思われるピンク頭の首が切り落とされ転がっており、日本刀を手にしたキムの周辺には血が飛び散っているというもの。このスプラッターかつあまりにも直接的な表現にやや呆れて、こちらはさほど議論にもなっていない様子。

この“Black Friday”からはニッキーの大ヒット中のデビュー作“Pink Friday”に収録されている“Did It on ‘Em“のトラックを使用した“Pissin’ on ‘Em”がシングルカットされている。しかし“Black Friday”は収録曲のリストが事前に発表されていないため、“Pissin’ on ‘Em”が収録されているかどうかはCDが届いてみないことには分からない。

なお、キムの攻撃の対象になっているニッキーは、「Bwaahhhhahhahahhhaha!!!!!!!! 終わってるわ。担架に寝てなさい。全く口先だけね」、「悪魔は嘘つきなのよ」などと一蹴、相変わらず全く相手にしていない模様。(t)

リル・キム“Pissin’ On ‘Em”

リル・キム“Black Friday”注文ページ (PayPal)