bmr

bmr>NEWS>サイゴン、デビュー作ヒットをファンに感謝

NEWS

サイゴン、デビュー作ヒットをファンに感謝

0000010394_image

2000年代に入ってその才能に注目が集まりメジャー契約を果たすも、約5年間の紆余曲折を経て、一時はお蔵入り確定と思われたデビュー作“Greatest Story Never Told”(まだ語られていない偉大な物語)が、ようやく先月15日に自身のリリースされたラッパー、サイゴン(Saigon)が、ファンへの感謝の気持ちを語っている。

同作の大半を手がけたプロデューサー、ジャスト・ブレイズ(Just Blaze)のレーベルFort Knocks Entertainmentと自身のSuburban Noize Recordsからインディ盤として共同リリースされた同作だが、BillboardアルバムチャートRap部門で初登場7位、インディ部門では9位、総合チャートでも61位と健闘。米iTunes Storeでは一時ヒップホップアルバムチャートの1位を記録、ヒップホップ雑誌やサイトでも概ね高評価を得たことを受けてサイゴンは「俺のアルバムを手に取って買ってくれた人。iTunesで購入してくれた人。全員にとても感謝している。様々な苦難はあったが、どうしてもこのアルバムを世に出したかった。無条件で支えてくれるファンがいるというのは最高の気分だ。俺はもう不毛な夢の中にはいない。自分のアルバムが、錚々たるメンバーと同じチャートに入っているんだからな。サイゴンを支え、コンシャス・ヒップホップを勝利に導いてくれたことに心の底から感謝している」などとコメント、まずまずのスタートに一安心といった様子。

5年越しのデビュー作“Greatest Story Never Told”には、スウィズ(Swizz Beatz)とのアグレッシブな“Come On Baby”にジェイ・Z(Jay-Z)を迎えた新バージョンなどメジャー契約時のヒット曲も収録。Q-ティップ(Q-Tip)にラヒーム・デヴォーン(Raheem DeVaughn)、バン・B(Bun B)やデヴィン・ザ・デュード(Devin the Dude)まで超強力なゲスト陣を迎えた内容となっている。また、3月5日のデトロイトを皮切りに約1ヶ月半かけて全米主要29都市を巡るStrange Noize Tourを開催予定とのこと。(t)

・サイゴン“the Greatest Story Never Told” ミュージック・ビデオ