bmr

bmr>NEWS>ストーンズ・スロウ、間近に迫るツアーについて声明

NEWS

ストーンズ・スロウ、間近に迫るツアーについて声明

0000010568_image

グッド・ミュージックを届け続ける定番レーベルとしての声望を高め続け、ここ数年は毎年、ジャパン・ツアーを行っているStones Throwが、まもなく開催予定の2011ツアーについての声明を発表している。

レーベル・オーナーにしてその選曲眼、ビデオも駆使したDJパフォーマンスなどで知られるピーナッツ・バター・ウルフ(Peanut Butter Wolf)、卓越したDJスキルでオーディエンスを熱狂させてきたJ・ロック(J. Rocc)、それにシンガーとしてのアルバムが大絶賛を集めたメイヤー・ホーソーン(Mayer Hawthorne)の3人が来日予定の今回のツアーは、3月末から4月9日まで開催予定。3月中に国内発売予定だったJ・ロックのファースト・アルバム“Some Cold Rock Stuf”リリース・ツアーも兼ねての一連のDJツアーが予定されているが、「予定通りの開催を希望しており、毎日、ツアー関係者との協議を重ねている」とのこと。

「WE LOVE JAPAN!」と題されたこのリリースで、同レーベルは「アーティスト、スタッフ、会場スタッフに我々のファン、すべての健康と安全を保証する予防措置が必要」として、現段階では開催または中止のいずれとも判断できていないという。ただし、もしこのツアーを決行した場合は、利益のすべてを日本赤十字に寄付することも明記されている。