bmr

bmr>NEWS>ジル・スコット、新作に加え未発表曲集も?

NEWS

ジル・スコット、新作に加え未発表曲集も?

0000010595_image

デビュー時から所属していたレーベルと訴訟沙汰を経て、先日無事に移籍を果たしたR&Bシンガーのジル・スコット(Jill Scott)だが、新作リリースと同じタイミングで旧レーベルから未発表曲集がリリースされることが発表された。

ジル・スコットは、デビュー時から所属していたHidden Beach Recordingsからの移籍話がこじれ、対立していたが、1年が過ぎた今年3月に両者の和解と、ジル・スコットが新たにWarner Bros. Recordsと配給契約を結んだことが明らかにされた。

これにより、発表を控えているニューアルバム“The Light of the Sun”は今夏のリリースに向けて無事に動き出したが、旧所属レーベルとなるHidden Beachがジルの未発表曲集“Just Before Dawn: Jill Scott From The Vault Vol.1”をリリースすると発表した。詳細はまだ不明だが、ビル・ウィザーズ(Bill Withers)の名曲“Lovely Day”のカバー音源がリード曲として公開されており、この未発表曲集は新作同様、2011年夏にリリースする予定と謳われている。またすでに“Lovely Day”はデジタル・シングルとしてHidden Beachのオンラインショップで発売がスタート、特典として“Just Before Dawn (Tony Nuccio’s Vault Mixtape)”という11分に及ぶミックステープ音源が付いてくる。

あえて新作リリース時期にぶつけたと思われるこのHidden Beachの動きについて、今のところジルやWarner側からコメントはない。ジルとHidden Beachの和解内容については公開されておらず、この未発表曲集のリリースは双方の合意のもとであってほしいところだ。

一方、ジル・スコットはニューアルバムからのリード曲となる“Shame”を発表。ジルと同じフィラデルフィア出身の女性ラッパー、イヴ(Eve)をゲストに迎えたこの曲、すでにザ・ルーツ(the Roots)のブラック・ソート(Black Thought)も参加したミュージック・ビデオの撮影も行っている。CNNの取材に応じたジルは、「私は、自分の原点にとにかく戻りたかったの。ヒップホップは大好きだし、私の原点もヒップホップにある」と、ヒップホップへの原点回帰を宣言。そのためにミュージックビデオも、「子供の頃に詩と曲を書き始めた場所」という故郷のコミュニティ・センターで撮影している。なお、先日まで閉鎖されていたというそのセンターは、彼女が運営するBlues Babe Foundationを通して修繕され、再オープンしたとのことで、ジルは出身コミュニティへの愛を持つことを説いている。(s)

Jill Scott feat. Eve “Shame”

Jill Scott “Lovely Day”

ジル・スコットCNNインタビュー