bmr

bmr>NEWS>トニー・ベネット新作にガガ、エイミー、マライアら参加へ

NEWS

トニー・ベネット新作にガガ、エイミー、マライアら参加へ

0000010608_image

1950年代から60年代にかけて世界的ヒットを連発した米音楽界の大御所ボーカリスト、トニー・ベネット(Tony Bennett)のデュエット・アルバム“Tony Bennett: Duets II”にレディー・ガガ(Lady Gaga)、エイミー・ワインハウス(Amy winhouse)やマライア・キャリー(Mariah Carey)ら豪華ポップ・スターが参加することが明らかになった。

“Tony Bennett: Duets II”はタイトルが示す通り、トニー・ベネットが生誕80年を記念して、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)、ボノ(Bono)セリーヌ・ディオン(Celine Dion)といった錚々たる面々が集って2006年に発表した“Duets: An American Classic”の続編となるもの。9月20日発売予定となる今作には、現時点でカントリー界の大御所ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)を筆頭にk.d.ラング(k.d. lang)、アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)らベテラン勢、キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)、マイケル・ブーブレ(Michael Buble)、ジョシュ・グローバン(Josh Groban)、フェイス・ヒル(Faith Hill)、ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)、シェリル・クロウ(Sheryl Crow)などの名前が挙がるなど、前作のゲストより弱冠若手主体。

なかでもエイミー・ワインハウスにとっては大物プロデューサー、クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)のコンピ盤“Q: Soul Bossa Nostra”への参加に続く新録となる。エイミーは今年に入ってドバイなど各地でライブツアーを行っているが、7月7日から3日間にわたってスペイン、バスク地方の都市ビルバオで開催される音楽フェスBBK Festivalへの出演も決定、音楽活動への復帰は順調な様子。だが、別れた元交際相手であるシンガーが彼女との関係をネタにした曲を制作中と報じられるなど、ゴシップ騒ぎに巻き込まれる状況は続いている。(tt)
(photo by Jeremiah Garcia)