bmr

bmr>NEWS>仏姉妹デュオのレ・ヌビアン、8年ぶりの新作をリリース

NEWS

仏姉妹デュオのレ・ヌビアン、8年ぶりの新作をリリース

0000010650_image

アメリカでもシングル・ヒットを放ち、グラミー賞にもノミネートされた人気フランス人姉妹デュオのレ・ヌビアン(Les Nubians)がいよいよ8年ぶりとなる新作を発表する。

当初は昨年12月と予定されていた彼女たちのニューアルバム“Nu Revolution”は全米で4月19日、日本は先行で4月7日に発売される。アメリカのインディ・レーベル、Shanachieと契約した彼女たちは現在、米ブルックリンを拠点に活動しているが、今回の新作はアメリカ、イギリス、フランス、ジャマイカなど世界各地でレコーディングされ、アフリカのルーツを打ち出した‘アフロピアン’に加えて新たに‘世界市民’というコンセプトも込められている。

すでにミュージックビデオも発表されている“Veuillez Veiller Sur Vos Reves”はJ.ピリオド(J. Period)がリミックスを担当。他にも、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が“Wanna Be Startin’ Something”で引用したことで有名なマヌ・ディバンゴ(Manu Dibango)の“Soul Makossa”をリメイクした“Nu Soul Makossa”ではマヌ・ディバンゴ本人を招いているほか、同じく間もなくリリースされる新作でも共演しているガーナ出身のラッパー、ブリッツ・ジ・アンバサダー(Blitz the Ambassador)が参加。これまで以上にアフリカ色を濃くしながらも、エリック・ロバーソン(Eric Roberson)やキャロル・リディック(Carol Riddick)らネオソウル・シーンのシンガーたちも交え、多彩な音楽を聴かせている。

またこの久々の新作発売のためbmr 2011年5月号(4月11日発売)でインタビューに答えた姉妹は、震災に遭った日本のファンへ向けて「今回、このような惨事になって、離れた場所で何も出来ないでいることに無力さを感じています。私たちの音楽が少しでも希望や慰め、愛や共感といったものをみんなに届けることができることを祈っています。私たちは日本からすごくインスピレーションを受けて来たけれど、いまこそ世界全体が日本のみなさんを見て学んでる。日本人の強さや素晴らしさには本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とのコメントを寄せている。

レ・ヌビアンは1998年にVirgin Franceからデビュー。アメリカでも話題を呼び、フランス語の歌詞ながらヒットを記録した。2003年にはセカンドアルバム"One Step Forward"を発表、そこに収録されている"J’veux D’la Musique"はグラミー賞の最優秀オルタナティブ・アーバンR&B部門にノミネートされた。2005年には自分たちの新曲も収録したコンピレーション盤"Echos Chapter One: Nubian Voyager"も発表している。(s)

Les Nubians “Veuillez Veiller Sur Vos Reves (J.Period Remix)”

Les Nubians – Les Gens (People) ft. Blitz the Ambassador by Giant Step NYC