bmr

bmr>NEWS>6年ぶり? フォンテのソロ・デビュー作を9thワンダーがプロデュース

NEWS

6年ぶり? フォンテのソロ・デビュー作を9thワンダーがプロデュース

0000010719_image

アンダーグラウンドで支持され続けたグループ、リトル・ブラザー(Little Brother)のフロント・マン、フォンテ(Phonte)が、長いキャリアの中で初となるソロ・アルバムのリリースを発表。しかもグループを離脱した旧友、プロデューサーのナインス・ワンダー(9th Wonder)がプロデュースを担当するという。

フォンテらがUrban Dailyなどの取材に応えた際に語ったもので、ソロ・デビュー作は9月13日に発売するという。意図的に選んだわけではなかったというが、この日はリトル・ブラザーがメンバー3人そろってリリースした最後の作品“the Minstrel Show”のリリースから6周年に当たり、2人の和解を象徴するにはピッタリ。

彼らが不和に至った理由などは未だに明らかにされていないが、今年1月に4年ぶりという和解をtwitterで公表。さらに新鋭リル・B(Lil’ B)の新曲“Base For Your Face”ではナインスがビートを担当、フォンテと女性ラッパーのジーン・グレー(Jean Grae)が客演と、両者が久々に組んだ楽曲となっていた。

LIl’ B “Base for Your Face” ft. Jean Grae, Phonte (produced by 9th Wonder)

リトル・ブラザー
Minstrel Show [Import, from US]