bmr

bmr>NEWS>エイコン、ガガの次はK-Pop!?

NEWS

エイコン、ガガの次はK-Pop!?

0000010883_image

ウィル・アイ・アム(will.i.am)が2NE1、テディ・ライリー(Teddy Riley)がRaNiaをプロデュースしたのに続いて、今度はエイコン(Akon)のレーベルKonvict Muzikが韓国の女性グループをアメリカ進出させる。

今月11日、Konvict Muzikをエイコンと共に設立し、同社CEOを務めるメルヴィン・ブラウン(Melvin Brown)と、Konvict Muzikのアーティストでエイコンの新作にも関わっているという兄弟デュオ、レイ&レニー(Ray & Renny)が韓国へ渡り、韓国GP Entertainment所属の女性4人組グループ、JQTの全米進出に向けた記者会見を行った。

JQTは彼らと共に全米進出作を制作するとのことで、ファースト・シングルを11月頃に、アルバムを来年1月から2月頃にリリースしたいとのこと。ブラウンはJQTをプロデュースすることになった経緯について、「韓国へ仕事で訪れたときに彼女たちのビデオを観て、個人的に会ってみたいと思いました」と述べ、その魅力について、「韓国の女性グループにはいままで我々が見たことのない新しいスタイルがあります」「我々の持つノウハウを持ってすれば、彼女たちがアメリカで成功する可能性はかなり高いと考えています。私はさまざまな韓国のグループを知っていますが、彼女たちが一番私の心を動かしました」と説明。レイ&レニーも「歌えるが踊れない、あるいはその逆という女性グループは多いが、JQTは両方ともに才能があります」と話している。

これまでアメリカで完全に成功を収めた韓国アーティストの例がまだ無いことについては、「それは誤ったメソッドを採用しているからです。成功するための真のメソッドは企業秘密でここで教えられませんが、結果で証明してみせましょう」とブラウンは自信をのぞかせている。なお、GP Entertainment側からはゲスト候補としてエイコン、T-ペイン(T-Pain)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、リアーナ(Rihanna)と豪華な名前が挙がっているが、「彼女たちを150%の力でサポートします」というメルヴィンは、「フィーチャリング・アーティストに彼女たちをトレーニングしてもらう予定も考えています」とのこと。ちなみにエイコンはKon Live Dstributionでレディー・ガガ(Lady Gaga)と契約、スーパー・ヒットへ導いたことでもおなじみだ。(s)

JQT “PeeKaBoo”