bmr

bmr>NEWS>看護士は見た? マライアに育児放棄騒動

NEWS

看護士は見た? マライアに育児放棄騒動

0000010890_image

3度目の結婚記念日となる今年4月30日に女の子と男の子の双子を出産したばかりのマライア・キャリー(Mariah Carey)だが、育児放棄や虐待などの疑いをかけられソーシャルワーカーから訪問を受けたという。

これは夫のニック・キャノン(Nick Cannon)がCNNに対し語ったもので、事の発端は看護士がマライアに母乳を出しやすくするため少量のビールの飲酒を勧めたもので、これが大幅に飛躍して「アルコールや薬物を摂取している」という‘ストーリー’が何者かによりタブロイド紙に売られたのが原因なのだという。実際にはマライアは帝王切開だったため現在も入院中で、子供たちも病院の新生児室にいるが、「それで児童保護サービスにお声がかかったんだと。病院にいるっていうのにだよ? まったくもって意味不明だよ」と半ば呆れ気味にニックは語っている。加えて、病院内に看護士のふりをして潜入し盗撮しようとするカメラマンに悩まされているとのことで、「もうこうなったら彼らの望むものは公けにしていかなければね。でも品のあるやり方でお願いしたい。別に僕らは子供たちをパレードさせたいわけじゃないんだから」とも述べている。

子供たちの名前はモンロー(Monroe)ちゃんとモロッカン(Moroccan)くんであると発表されたが、ニックはその由来についてE! Onlineに説明、「モンローはもちろん、妻が愛するマリリン・モンロー(Marilyn Monroe)から名を取った。モロッカンは僕の名前とマライアの名前を音で組み合わせたものでもあるし、妻にプロポーズしたときの場所がモロッカン(モロッコ風)な部屋だったということもある。いろんな意味を込めてるんだ」「うまく名付けられたんじゃないかと思ってる。あの子らが大人になっても僕らに怒ることはないんじゃないかな」と語っている。

また、結婚記念日の出産になったが、「妻はいつ産むかを明確に決めていたんだ。しかも、Madison Squareで歌った自分の“Fantasy”のライブ・パフォーマンスを聴きながら産む、ってね。子供たちは拍手の中で生まれたよ」とも明かしている。

なお、出産したばかりのマライアだが、早くも年内に新作リリースを計画しているとのこと。すでに数ヶ月前にレコーディングはある程度済ませてあるという。また夫のニックも、今月14日に放送されたコメディ番組“Mr. Showbiz”にちなんだ、自身久々のニューアルバム“Mr. Showbiz”を今月リリースする予定。さらにコメディとヒップホップの融合というさらなる新作“Mr. Showbiz Sings the Hits”のリリースも年内に予定しており、こちらはスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)、シー・ロー(Cee Lo Green)、ワイクリフ・ジョン(Wyclef Jean)、フロー・ライダー(Flo Rida)、アイス・キューブ(Ice Cube)ら豪華ゲストを予定しているとのこと。(s)

Mariah Carey “Fantasy” (live at Madison Square, 1995)