bmr

bmr>NEWS>アデル、「音楽業界でもっとも影響力のある人物」に

NEWS

アデル、「音楽業界でもっとも影響力のある人物」に

0000010957_image

本国イギリスだけでなくアメリカなど世界中で新作が大ヒットを記録しているシンガー・ソングライターのアデル(Adele)が、「音楽業界でもっとも影響力のある人物」に選ばれた。

全米チャートでは前週に続きアルバム/シングル共に1位を維持、イギリス最新チャートではレディー・ガガ(Lady Gaga)に1位は譲ったもののデビューアルバム“19”と共に2位と3位になるなど変わらず絶好調のアデル。英Gardian紙は「いま音楽業界で影響力を持つ人」をThe Guardian’s Music Power 100として発表、「チーム・アデル」として、アデルと彼女のレーベル長やマネージャー、広報らを1位とした。3位には、『アメリカン・アイドル』や『X-Factor』など大ブームとなっているTVオーディション番組の仕掛人サイモン・コーウェル(Simon Cowell)が、11位にはブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)のウィル・アイ・アム(will.i.am)が、18位にはレディー・ガガが、38位にはジェイ・Z(Jay-Z)が選ばれたほか、6位にYouTube創設者たち、10位にはAmazonのCEOジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)、13位にはFacebookの生みの親として知られるマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)などの名前も挙がっている。

最近は、ジョン・レジェンド(John Legend)らに続いてプッシーキャット・ドールズ(Pussycat Dolls)のニコール(Nicole Schezinger)も彼女のヒットシングル“Rolling In The Deep”をカバーするなど大人気のアデル。夏に向けて数々の大型音楽フェスに引っぱりだこかと思いきや、彼女はフェス出演は嫌なのだとか。Q Magazineのインタビューに応じた彼女は、「オーディエンスも遠いし、音楽もうまく届くと思えないわ」と説明、フェスへの出演はないと否定。また、昨年はロンドンのO2 Arenaという大規模会場でのライブを経験した彼女だが、「私がくそったれなアリーナで歌うと思う? どうかしちゃったの? O2でひと晩やるくらいなら(クラブの)Barflyで12年間歌ってやるわ!」とアリーナ規模の会場も毛嫌いしているようだ。(s)

アデル
21