bmr

bmr>NEWS>R.ケリー、アリーヤを妊娠させていた?!

NEWS

R.ケリー、アリーヤを妊娠させていた?!

0000010978_image

1985年からのR&B/ヒップホップの音楽チャートの25年間分の記録の中で35曲のトップ10ヒット、84曲のトップ100ヒットを持ち米Billboard誌から「最もヒットを記録したアーティスト」にも認められたR.ケリー(R. Kelly)の暴露本が先日発売され、故アリーヤ(Aaliyah)を妊娠させていたとの記述が波紋を呼んでいる。

R.ケリーの暴露本『The Man Behind The Man』を書いたのは、個人アシスタントとして13年間彼のそばにいたというディミートリアス・スミスなる人物。先日発売されたこの本、プライベートで撮影された写真を載せながらR.ケリーの様々な過去を暴露している。

中でも衝撃的なのが、彼がプロデューサーとして送り出し、交際していた故アリーヤについてのくだり。当時極秘結婚もささやかれたふたり、後にVibe誌がふたりの結婚証明書を公表、当時まだ15歳だったアリーヤは法律問題をクリアするためか18歳として提出されており、違法として無効になったという経緯がある。この結婚について著者ディミートリアス・スミスは、アリーヤが妊娠していたためだと書いており、これが事実であればアリーヤは15歳という若さで妊娠したということになる。スミスは、R.ケリーのマネージャーも務め、R.ケリーと共にアリーヤをデビューさせた彼女の叔父バリー・ハンカーソン(Barry Hankerson)の名を挙げ、「クレイジーだったよ。いったいどうすればバリー・ハンカーソンと感情的な問題を起こさずにこの事態を切り抜けられたと思う?」とこの結婚騒動にハンカーソンが関わっていたことも明かしている。

さらに、この本では、「少女に向かって排尿しているのを目撃した」「ロバート(R.ケリー)がその姿を録画するためにカメラの向きを調整しているのを目撃した」と、未成年との性交渉や児童ポルノなどの疑惑が過去にも取り沙汰されたR.ケリーに再びスキャンダルを巻き起こすような記述もある模様。

この件についてR.ケリー側からはまだコメントはない。